COURSE INTRODUCTION
Yasaseed コース紹介

長引くテレワーク、
今この知識をつけよう

テレワークが長引く今、対面での営業をするのも一苦労かと思います。
オンライン営業に必要な知識、また今後どうなっていくのか。
またテレワーク期間だけではなく、今後も社内で導入すべきツールと選定基準など、業務改善のコツをお話します。

募集要項

形式 オンライン 時間 8時間
人数 5名様まで 料金 1名:60,000円(税別)
No. Unit Time(h) Detail
1 インターネットはどのように動くのか 0.5 ・ネットワーク、ルーティング、IPアドレスなど
・インターネットにアクセスする際の流れ
2 Webの仕組み 0.5 ・サービス、リクエスト、レスポンスなど
・通信に関する名称とその内容
3 クラウドサービス 1.5 ・Saas、PaaSなどのサービスの種類
・クラウド用語
4 オンラインツール 1.5 ・メリット、定着させるには
・商談ツール、会議ツール
5 セキュリティ 1 ・情報セキュリティ
・製品を選ぶうえでの着眼点
・セキュリティ用語
6 トレンドと今後の展望 3 ・営業に必要な知識
・どうやって勉強していくか

IcT業界のトレンド
道を見失わないために

なんのために仕事をするのか。
なにを覚えていくべきなのか。
新人の方が路頭に迷わないよう、道を作ります。
上司の方もいっしょに参加していただけると効果は倍増します。

募集要項

形式 オンライン 時間 13時間
人数 3名様まで 料金 1名:97,500円(税別)
No. Unit Time(h) Detail
1 広告全般の考え方 1 ・四媒体の特性+チラシ+インターネット
・コピーライター、ライター、セールスライターの違い
・AIDMA(アイドマの法則とAISAS(アイサス)の相違点
・創造力と想像力
・ブランディングの重要性
2 デジタルマーケティング1 2 ・デジタルマーケティングの基礎
・デジタルマーケティングテクノロジーの全体像
・デジタルツールのトレンド
・オンラインイベント(展示会、商談など)がどのように関わっていくか
・事例/シナリオ例
・デジタルマーケティングのPDCAユースケース
・これからの広告(未来に向けた考察)
3 デジタルマーケティング2 2 ・課題に沿ったワークショップ
4 インターネットはどのように動くのか 0.5 ・ネットワーク
・ルーティング
・IPアドレス
・アクセスの流れ
5 Webの仕組み 0.5 ・サービス
・リクエスト、レスポンス
・区役所に書類を発行してもらうこと
6 クラウド 1 ・SaaSなどの形態
・AWS、GCP、Azure
・インスタンスなどの用語解説
7 暗号化 1 ・なぜ暗号化が必要か
・鍵方式
・SSL/TLS
・VPN
8 Webアプリケーション開発 2 ・フロントエンドとバックエンド
・MPAからSPAへ
・プログラミング言語の選び方
・データベース
9 Webアプリケーション開発体験 3 ・AWS上へのサーバ作成
・Linuxコマンド演習
・ミドルウェアインストール
・ソースコード(サンプルを用意します)
・デプロイ
・ブラウザでの確認

営業が身に着けておきたい
外向けのIT知識

営業先で専門用語がわからず困っている営業の方、結構いらっしゃるようですね。
トレンドは日々変わっていきますし、クライアントが何を求めているのかも変化します。
まずはベースとなる知識を備え、自分でアップデートできる術を覚えましょう。

募集要項

形式 オンライン 時間 10時間
人数 5名様まで 料金 1名:75,000円(税別)
No. Unit Time(h) Detail
1 インターネットはどのように動くのか 1 ・目的地までの到達
・用語解説
2 ウェブの仕組み(構築観点) 2 ・システム構築
・エンジニア
・Webサービス
3 ウェブの仕組み(ユーザ観点) 1 ・ブラウジング
・お世話になっているサービスとその役割
4 セキュリティ基礎とサーバセキュリティ 3 ・Webセキュリティ
・ソーシャルエンジニアリング
・自分でできること
5 クラウドコンピューティング 1 ・SaaSなどの形態
・AWS
・インスタンスなどの用語解説
6 暗号化 2 ・暗号化が必要なところ
・SSL/TLS
・VPN

コミュニケーション力を身に着ける

コミュニケーション力とは話のテクニックではない。
分析する力が伴ってこそ円滑なコミュニケーションができるというもの。
話下手な方のトレーニング、社会人マナー教育としてもご利用くださいませ。

募集要項

形式 オンライン 時間 8時間
人数 10名様まで 料金 1名:60,000円(税別)
No. Unit Time(h) Detail
1 聞く体質になる 2 ・とにかくたくさんしゃべるのはだめ
・力説の後の「うちは間に合ってるわ」の切なさ
・「聞く」とは話を受けるだけではない。 正確には「聞き出す」
・「質問力」も重要
・聞く態度が見えれば相手は話す
・違う視点で共有できる箇所を見つけたうえでの否定
2 聞き出すための分析力を身に着ける 3 ロジカルシンキング(ワーク)
・論理の法則
・話が繋がっていることによるメリット
・列挙の質を高める
・フレームワークの活用
・正しいメモとは
3 伝える力を鍛える 3 ・相手の価値観、世界観を知る
・相手と同じ目的に同じ方法でたどり着く方法
・話す前にパワポを作成
プレゼンテーションとパワーポイント作成のテクニック(ワーク)
・分かりやすさ(身近なものに例える)
・忘れにくさ(暗記ではなく記憶させる)
・話し方のスピードとメリハリ
・いじれる受講者(参加者)を見つける
・資料は配らない
・もし配るのであれば書いていないことを話す
・アニメーションを多用しない
・作ってからリハーサルをするのではない、ソラで話したことを資料にまとめる

Webアプリ開発の流れを
体験してみよう

開発ってどういう流れでやってるの?
営業の方から質問されることがよくあります。
基本の知識を付けたうえで、開発の流れを実際に体験してみませんか?
クラウドを使ってWebアプリの環境を作り、簡単なアプリを動かすまでの流れを体験していただけます。

募集要項

形式 オンライン 時間 8時間
人数 5名様まで 料金 1名:60,000円(税別)
No. Unit Time(h) Detail
1 インターネットはどのように動くのか 0.5 ・ネットワーク
・ルーティング
・IPアドレス
・アクセスの流れ
2 Webの仕組み 0.5 ・サービス
・リクエスト、レスポンス
・区役所に書類を発行してもらうこと
3 クラウド 1 ・SaaSなどの形態
・AWS、GCP、Azure
・インスタンスなどの用語解説
4 暗号化 1 ・なぜ暗号化が必要か
・鍵方式
・SSL/TLS
・VPN
5 Webアプリケーション開発 2 ・フロントエンドとバックエンド
・MPAからSPAへ
・プログラミング言語の選び方
・データベース
6 Webアプリケーション開発体験 3 ・AWS上へのサーバ作成
・Linuxコマンド演習
・ミドルウェアインストール
・ソースコード(サンプルを用意します)
・デプロイ
・ブラウザでの確認
PAGE TOPへ
お問い合わせ